誰よりも、
真摯に地球の未来に
向き合っています。
持続可能な社会を実現する、
3つの挑戦!

持続可能な社会を実現する、
3つの挑戦!

イオンは、事業活動だけでなく、環境や社会の課題にも真摯に取り組み「持続可能な社会の実現」と「グループの成長」を目指しています。環境面の重点課題への3つの挑戦として、「イオン脱炭素ビジョン2050」「イオン持続可能な調達方針・2020目標」「イオングループ食品廃棄物削減目標」という中長期の目標を定め、低炭素化、省エネルギー化はもちろん、国際的な問題となっている食品ロスの低減や生物多様性の保全にも注力しています。

AEON Group Presentation 環境
Instagram YouTube

AEON TOWAリサーチセンター設立
AEON TOWAリサーチセンター設立

 公益財団法人イオン環境財団(理事長 岡田 卓也 イオン株式会社名誉会長相談役)と早稲田大学(総長 田中 愛治)は、
時代に即した環境課題の解決を目指すため「AEON TOWAリサーチセンター」を設立しました。
当リサーチセンターは、双方のこれまでの経験や知見、学術研究を結合し、
環境をはじめとした地域課題対応や人材育成など新たな価値を創造することで、持続可能な社会の実現をめざしていくものです。

 イオンはお客さまを原点に、「平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」ことを基本理念としています。
この基本理念のもと、イオン環境財団は、1990年に、環境課題に取り組むことを目的とし設立し、
「ひとつしかない地球を次代へ引き継ぐため」30年間、さまざまな環境、社会貢献活動を継続しております。
現在、両者はアジア学生交流環境フォーラムをはじめとする「国際環境人材育成」を実施しています。
 当リサーチセンターの設立にあたり、人材育成以外の事業分野においても連携を深め、社会の喫緊の課題に対応するため、
森づくり、地域づくり、人づくりに取り組みます。
 学術研究に基づく持続的な地域社会である、新たな「イオンの里山」の構築を目指すと同時に、
AEON Peopleと本学の学生、卒業生が共に学ぶ「共育」を通じて、「次の社会に貢献する人材」を育成します。

【イオン×環境】「九州を元気にする」プロジェクトに取り組んでいる。イオン九州株式会社
【イオン×環境】「九州を元気にする」プロジェクトに取り組んでいる。イオン九州株式会社

【イオン×環境】「九州を元気にする」プロジェクトに取り組んでいる。イオン九州株式会社

今回はイオン九州株式会社の環境・社会貢献活動を紹介します!

Q.イオン九州株式会社で行っている環境・社会貢献活動とは?

イオングループでは、地域や社会や未来のためにできることを考え、寄付や環境保護、復興支援などの活動に力を注いでいます。近年、弊社も社会貢献活動や環境保護活動を行ってきました。一例にはなりますが、熊本地震復興支援ボランティア活動として、2016年から従業員が扮するサンタクロース「まごころサンタ」がプレゼントを携えて、熊本県益城町にある仮設団地をクリスマスの時期に訪問する活動や、2019年4月より、福岡県との包括協定の一環として、県が推進する食品ロス削減運動に参画し、イオン八幡東店・イオン戸畑店・イオン若松店の3店舗においてフードドライブを開始したことなどが挙げられます。各店舗で集められた食品は、特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲインを通して食品を必要とされている施設に寄付しています。

Q.九州という地域に特化した環境への取り組みは、他にもありますか?

九州のイオングループ(代表:イオン九州株式会社)と味の素株式会社を中心に60の企業・団体が低炭素の活動を通して九州の農業を元気にする「九州力作野菜・果物」プロジェクトが第3回ジャパンSDGsアワード内閣官房長官賞を受賞しました!

お買物がつくる、持続可能な未来 環境月間オンラインイベント『トップバリュ with our planet 2021』開催 ― 6月11日(金) 10:30~12:00 YOUTUBE LIVE配信―
お買物がつくる、持続可能な未来 環境月間オンラインイベント『トップバリュ with our planet 2021』開催 ― 6月11日(金) 10:30~12:00 YOUTUBE LIVE配信―

イオンは、1991年から植樹活動や買物袋持参運動などの環境保全活動をお客さまとともに行っており、
現在も脱炭素型・資源循環型社会の実現を目指し、
店舗・商品・サービスをとおして新たなライフスタイルの提案を行っています。
お客さまの声を原点とするイオンのブランド「トップバリュ」は、
お客さまの心身ともに健康的なくらしを守るため、環境・社会に配慮した商品開発を行っています。
6月の環境月間に合わせてますます関心が高まる環境問題についてお客さまとともに改めて考え、
日常生活で取り組める活動を紹介するとともに、今後の商品開発の参考とさせて頂くための
ご意見を頂くことを目的に、「お買物がつくる、持続可能な未来」をテーマに、
お客さまとの双方向コミュニケーションを図るオンラインイベント『トップバリュ with our planet 2021』
をトップバリュ公式 YouTubeチャンネルで LIVE 配信します。

本イベントは、日頃からトップバリュを愛用されている、通称「イオニスト」の4名をゲストにお招きし、
タレントの 鈴木あきえ さんの司会進行のもと、環境・社会に配慮したトップバリュの取り組みや
新商品を紹介するほか、ツイッターに寄せられたご質問などにお答えします。
トップバリュ公式SNSなどをとおして皆さまと双方向でコミュニケーションをとり、
率直なご意見をいただくことで、今後の商品開発に活かしてまいります。




<『トップバリュ with our planet 2021』概要>

開催日時 2021年6月11日(金) 10:30~12:00

テーマ 「お買物がつくる、持続可能な未来」

出 演 者 <ゲストMC> 鈴木あきえさん
<イオニスト> くぅちゃんさん、臼井愛美さん、海老原葉月さん、ヤギコさん

内 容

 ①「教えてトップバリュ!」
トップバリュが環境に配慮した商品開発を始めた理由や、
トップバリュ商品に対して皆さまが抱いている疑問にお答えします。
会場のイオニストからの質問だけでなく、
トップバリュ公式 Twitter にお寄せいただいた質問にもお答えします。

②「環境にも配慮!こんなトップバリュあったらいいな!」
会場のイオニストの方々とトップバリュ商品開発担当者による意見交換パネルディスカッションを行います。
トップバリュ公式 Twitter で、ご視聴中の皆さまからもアイデアを募集します。

③あれこれトップバリュ!オンラインクイズ大会
会場のイオニストがトップバリュにまつわるクイズを出題します。
トップバリュ公式 Twitter のダイレクトメールへ解答を送信いただき、
全問正解した方には、素敵なプレゼントをご用意しています。
【イオン×環境】社会貢献活動の一環として、サンゴを守る活動を続ける。ブランシェス株式会社
【イオン×環境】社会貢献活動の一環として、サンゴを守る活動を続ける。ブランシェス株式会社

【イオン×環境】社会貢献活動の一環として、サンゴを守る活動を続ける。ブランシェス株式会社

今回はブランシェス株式会社の社会貢献活動を紹介します!

Q.現在取り組んでいる社会貢献活動は?
沖縄のサンゴ礁を守る「サンゴの森」活動や、小児がんと戦う子どもや家族の支援・啓蒙活動を行うゴールドリボン活動などに取り組んでいます!

Q.社会貢献活動に取り組むようになった背景とは?
弊社は、子ども服専業のアパレル企業ではありますが、私たちがしていることは、単に子ども服をつくって届けることだけではありません。
ブランシェス株式会社が掲げる企業テーマは「明るい子どもたちの未来のために」。
ファッションを提供することはもちろん、明るい子どもたちの未来のために何ができるか、
それを常に考えて、行動しています。その思いが社会貢献活動にも繋がっています。

Q. 沖縄のサンゴ礁を守る「サンゴの森」活動について教えてください!
「未来の子どもたちのために、きれいで安心して遊べる感動できる海を残したい」との思いで、サンゴ礁再生活動を行っております。
具体的には、2010年映画「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~」のモデルとなった
金城浩二さんが運営する『(有)海の種』に委託して、沖縄の海でサンゴの植樹を行っています。また本活動と合わせた企画も行っています。

Q. 企画とはどのようなものですか?
「ブランシェスオリジナルハンドタオル」を企画販売し、その売上の10%をサンゴ植樹に役立てています!
2019年5月28日までに14764枚を売り上げ多くの方にご支持いただいております。
こちらのハンドタオルは、品質基準に合格したタオルのみに付けられる今治マーク付きで、生地に樹木の4倍以上、CO2を吸収し固定化する環境保全植物ケナフを使用、植物由来の資源を活用した商品となっており、ソーシャルプロダクツアワードも受賞しています!

※在庫については各ショップにお問い合わせください。
※Br(ビーアール)ショップはイオン南風原店とイオン那覇店でお買い求め頂けます。

イオン株式会社 グループ採用情報

ENTRY イオンにエントリー

Find My AEON

多様なフィールド、広がる世界。あなたが想う、世界を描こう。